ニューヨーク屋敷は母子家庭⁉スパチャでファンから母に大量投げ銭!

お笑い芸人

お笑い芸人のニューヨークは
最近、人気急上昇中で、私自身すでにニューヨークのファンなってます。

2019年末に行われた「M-1グランプリ」で初めて決勝進出(10位)し、2020年は9月に行われた「キングオブコント」では初の決勝進出で準優勝!

さらに12月に行われる「M-1グランプリ2020」でも決勝進出を果たし、かなり勢いが増してきている印象です。

これだけ連続で決勝進出している芸人もいないので、これは実力でもあり、ラッキーだし、人気爆発間近まちがいなしですね!
売れるために運も必要ですからね!!

ニューヨークは嶋佐と屋敷のコンビですが、やっぱりイケメンの屋敷が人気ですね!

実は屋敷は母子家庭で育ったようなんですよ!

屋敷の母は
かなりおもしろくて、そして屋敷は母ととても仲がいい!
ファンの間でも話題になっているので
ニューヨーク屋敷の母親をご紹介していきます!!

スポンサーリンク

ニューヨーク屋敷は母子家庭で父親は?

ニューヨーク屋敷は生まれて間もなく、
小さい頃に父親を亡くしており、

母子家庭で母親育ちなんです。

屋敷は父親が34歳のとき、母親が31歳の時に生まれたそうで

両親は10年付き合って、結婚し、
結婚5年目の5月6日に

「今日は作るぞぉ!!」という感じで子作りし
なんと一発で息子・裕政がデキたようですwww

裕政の名前の由来は

空手の師範だったおじいちゃん(父親側)が
名前を考えたようで、

「てっせい」と最初言ったが、なにそれって・・・

って感じだったため、「ひろまさ」と言い換えたみたいです。

名前の意味は
広く平等に公正な立場でなんの偏見もなく、育ってほしい

そんな意味を持った名前ですが、
相方の嶋佐からは「真逆の人間に育ってしまったな」

とツッコミが入ってしまいました。

ニューヨーク屋敷の母親はどんな人?

ニューヨーク屋敷の母親の名前は

『ゆか』

屋敷は母親のことを「ゆかさん」と呼んでいます。

幼い頃はママと呼んでいて、
小学校入った時に「お母さん」と呼ぶと宣言

高校に入って、「お母さんと呼ばない、俺のことを裕政と呼んで、俺もゆかさん呼ぶ」と言ってそれ以降「ゆかさん」と呼んでいるようです。

実は「ゆか」という名前はなぜか、自身の高校生の時に改名しており、以前は「めぐみ」という名前だったと言われています。

年齢はおそらく60~65歳ぐらいです。
ですが、めちゃめちゃ陽気で元気です。

空手が世界2位の実力の持ち主という。

実は相方の嶋佐も息子の裕政もふたりとも空手が得意で共通点があるようですね!

カラオケ屋「ひょうたん島」を経営

屋敷の母親のゆかさんは
三重県熊野市で『ひょうたん島』という

カラオケ店を経営しています。

『ひょうたん島』は5時間850円

という格安の料金設定で、
元々、おじいちゃんおばちゃんが集う店を
やろうしたが、経営的に難しくてカラオケ店にしたそうです。

『ひょうたん島』の店名の由来は

いろんな理由があるんでしょうが
短くぎゅっとまとめると

ひょっこりひょうたん島の歌詞で

「泣くのは嫌だ、笑っちゃおう、すすめー」

このあたりの歌詞が好きで店名にしたと
ゆかさんは自ら言っています。

そして、このお店も新型コロナウィルスの影響で営業を自粛せざるを得ない状況となったようで

4月10日から5月5日時点で店を閉じていたそうで、営業できずかなり影響を受けたようです。

そこでこのあとお伝えする、

ニューヨークのYouTubeチェンネルの生配信で

「スーパーゆかチャットSP」を開催し、投げ銭(なげせん)を募り、支援金が集まり、かなり助かったのではないでしょうか。

いくら集まったのかは動画視聴か、このあと記載しておきますね!

ニューヨーク屋敷の母の好きなネタ

屋敷の母親は
ちゃんとニューヨークのファンのひとりです。

ニューヨークの好きなネタは「女上司」と言っています。

【公式】 ニューヨーク コント「女上司」

こちらがそのコントで
もう1年以上前のネタで、ふたりの雰囲気が今より若く感じる印象です。

ニューヨークのふたりはネタを見ていると
仲の良さがいつも伝わってきますね。

ボーイズラブのような見た目ですが、
今回は嶋佐が「女上司」の設定

ちょいエロを含んだネタとなっていますww

スポンサーリンク

屋敷の母スパチャでファンから大量「投げ銭」

ニューヨーク生配信 スーパーゆかチャットSP 2020年5月5日

こちらの動画がニューヨークofficial channel

生配信された「スーパーゆかチャットSP」の動画です。

こちらの動画はニューヨークのたくさんある動画の中でも特に視聴回数が多いわけではないですが、見てみるとかなりおもしろい神回になってるんじゃないかと思います!!

神回にしてくれているのは
屋敷の母親「ゆかさん」間違いなしです。

もう芸人以上に盛り上げてくれています。

この動画ではゆかさんの経営する
「ひょうたん島」がコロナの影響で営業自粛という危機を救うべく、生配信で「投げ銭」支援を募るのがメインの趣旨です。

この「投げ銭」で集まったお金は

なんと、42万円!!

かなり集まったほうではないでしょうか。

これも屋敷の母「ゆかさん」の人柄、おもしろさ、

そして、ニューヨークのふたりの人気があってのことでしょう。

まとめ

ニューヨーク屋敷は母子家庭であることは間違いないようですね!

父親は小さい頃に亡くなっています。

そして、母親のゆかさんと屋敷はとても仲が良いんです。

コロナの影響で営業自粛中の「カラオケひょうたん島」を支援するため、公式YouTubeチャンネルのニューヨークofficial channelで生配信にてスパチャで「投げ銭」をファンに募っていました。

支援金の結果はなんと、42万円ほど!!

とても親孝行ですよね!

2020年が飛躍の年になりつつある
ニューヨークですが、

屋敷の母親もかなりおもしろい人でファンにも人気のため
今後、またYouTubeチャンネルに登場するかもしれませんね!!

楽しみです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました